男と女、彼と彼女の恋愛、結婚、浮気、不倫などは、すべては優秀な子孫を残すという恋愛法則から生じており、これを知れば恋愛問題は解決

Menu ▼
恋愛に関する恋愛法則
結婚に関する恋愛法則
モテる恋愛法則・モテない恋愛法則
不倫・浮気・欲望の恋愛法則
次々と女性を落としてしまう恋愛法則とは?
恋を操る恋愛法則
大人の女に必要な恋愛技術
恋愛に関する恋愛法則
結婚に関する恋愛法則
モテる恋愛法則・モテない恋愛法則
不倫・浮気・欲望の恋愛法則
次々と女性を落としてしまう恋愛法則とは?
恋を操る恋愛法則
大人の女に必要な恋愛技術

二十歳を過ぎても
恋愛に全く興味がないという女性の恋愛法則


こういう女性は、人間として、生物として、ある意味では、異常性があります。

人間も動物の一種であり、発情期を迎えると、男女ともに発情するように遺伝子に仕組まれているわけですから、それが正常に機能しないのは、その仕組みに異常があるか、社会環境に問題があるといえます。




遺伝子の仕組みに異常があるのは別として、基本的には人間の本能と人間の社会制度にギャップがあるからです。

十代の思春期で女性が発情すると、男性の地位やステータスではなく、ルックスがいいだけの男性を選ぶということです。

なぜなら、この時期は学生であり、ステータスがみんな同じで差がついていないからです。

もともと、人間の本能として、思春期に肉体関係を結び、子どもを作ることは普通のことです。ところが思春期で発情すると、女性は男選びで損をしてしまいます。それは男性を地位や将来性で選ばず、ルックスで選んでしまうからです。

女性が十代で発情して適当な男性と子どもを作って結婚したのはいいけれど、その男性が将来全然経済力を身につけなかった、では困るので、これを防ぐためには、人間は教育という手段で、とくに女の子を十代で発情させないように、両親はしつけます。



親が自分たちのエッチを隠すのも、門限を決めるのも、男性からの電話を嫌うのも、ひとつにはこうした理由があります。

親としてみれば、結婚相手を選ぶときに、すでにあいての地位やステータスが確立されているほうがうれしいわけです。

ですから、それなりの年齢にならなければ、エッチをしてもらっては困るのです。だすら、発情を抑制する方向にしつけるのです。

ところが、このしつけにも問題があります。

教育により発情をきわめて低いレベルにまで抑制してしまうと、二十代後半になっても発情しなくなってしまうということが起こります。


まったく発情しなくなるというより、よほどレベルの高い男にして発情しなくなるという意味です。

ところが、周囲にはそんなレベルの高い男などほぼいません。

だからこそ、男性に興味がなくなってしまうのです。

そうなると、女性としての色気が芽生えないまま歳をとり、気づくと三十歳を超えていて、女性としての魅力がダウンしていたということが起こります。

これでは希少価値の男性をつかまえることはできないでしょう。

恋愛に喜びを感じないとか恋愛に興味がないという女性は、早くそのことに気づいて対策を取らなければ大変なことになりますよ。






恋愛に関する恋愛法則
交際を申し込まれたとき、勘違いしやすい女性の習性
恋愛のマンネリ化は自然の恋愛法則
女性の片思いは成就しない恋愛法則
両思いのような恋愛は本当にありえるのか
ほとんどの恋愛は片思いの恋愛法則が働いている
交際中の男性がスポーツや芸能に熱中するときの恋愛法則
恋のマンネリ化を防ぐ恋愛法則
女性の値段(魅力の価値)を決める恋愛法則
二十歳を過ぎても恋愛に全く興味がないという女性の恋愛法則
女性が元カレを未練残さずスパッと断ち切る恋愛法則
男は元カノを振っても未練を残すのが恋愛法則
「友だち」から「恋人」へは昇格はないという恋愛法則
遠距離恋愛における男と女の損得の恋愛法則
遠距離恋愛が難しい恋愛法則
女性の「好き」に2種類が混在している恋愛法則






恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう



Copyright (C)2015. 彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則 All rights reserved.