男と女、彼と彼女の恋愛、結婚、浮気、不倫などは、すべては優秀な子孫を残すという恋愛法則から生じており、これを知れば恋愛問題は解決

Menu ▼
恋愛に関する恋愛法則
結婚に関する恋愛法則
モテる恋愛法則・モテない恋愛法則
不倫・浮気・欲望の恋愛法則
次々と女性を落としてしまう恋愛法則とは?
恋を操る恋愛法則
大人の女に必要な恋愛技術
恋愛に関する恋愛法則
結婚に関する恋愛法則
モテる恋愛法則・モテない恋愛法則
不倫・浮気・欲望の恋愛法則
次々と女性を落としてしまう恋愛法則とは?
恋を操る恋愛法則
大人の女に必要な恋愛技術

男は元カノを振っても未練を残すのが恋愛法則


男は、多数の女性と遊びたいのが本音ですから、たとえ前の彼女を振ったとしても、ずっとずるずるとつき合いを続けたいと思っています。

これも自然の法則で、男は多くの女性に種を残したいという本能からきています。




それでも、前の彼女と別れなければならないのは、今の彼女との仲を良好なものにするため、前の彼女の存在が邪魔になる場合のみです。

とくに魅力のある女性であるほど、前の彼女の存在を知られるだけで、振られる可能性があります。「ボクはキミ一筋だよ」ということをしっかりアピールせざるを得ないため、前の彼女の影を消そうとします。

ですから、今の彼女に前の彼女の存在を知られない自信があれば、前の彼女との縁を切ることはないし、縁を切りたいとも思わないです。

男性が前の彼女との縁をスパッと切ってしまうのは、それは今の彼女が格段にすばらしいという証明でもあります。

女性が前の彼と縁を切るときには、未練残さず、スパッと切ってしまいますが、男は、たとえ前の彼女と別れる事情がいろいろあったにせよ、前の彼女を嫌いになることはないのです。


今の彼女とつき合っていても、前の彼女とはよい関係を引きずっていたいものです。それが子孫繁栄につながるからです。



さらに、男性と女性で大きく違うのは、女性は自分が冷たく振った前の彼と、ヨリを戻すようなことは考えませんが、男性は前の彼女との復縁を望むことがしばしばあります。

なぜなら、今の彼女はとびきり魅力的で、高望みの女性でしょうから、彼女を自分に惹き付けておくためには相当の労力を要します。誠意や優しさも120パーセント出し切る必要があり、さらには高価なプレゼントも必要でしょう。

これは相当なストレスになるし、ちょっと油断をすると他の男性に取られてしまう可能性が多分にあります。

男は、こういう状態が長く続くと、そのストレスに耐え切れなくなり、そして、今になって本当は自分と前の彼女がレベル的に釣り合っていたことに、ようやく気がつくわけです。

気づいたときに、前の彼女とヨリを戻そうと思い始めるというわけです。

それでは、実際に元カノとヨリを戻す可能性はあるのか言えば、かなりの確率で高いといえます。

男性が振って別れた場合、彼女の心にはあなたへの思いが残っている場合が多いからです。人は逃げられたものを追いたくなる習性があり、そのため、彼女は男性への思いを引きずっている可能性があります。

新しい彼とつき合っていたとしても、今の彼より魅力が上であれば、ヨリが戻ることは間違いないでしょう。






恋愛に関する恋愛法則
交際を申し込まれたとき、勘違いしやすい女性の習性
恋愛のマンネリ化は自然の恋愛法則
女性の片思いは成就しない恋愛法則
両思いのような恋愛は本当にありえるのか
ほとんどの恋愛は片思いの恋愛法則が働いている
交際中の男性がスポーツや芸能に熱中するときの恋愛法則
恋のマンネリ化を防ぐ恋愛法則
女性の値段(魅力の価値)を決める恋愛法則
二十歳を過ぎても恋愛に全く興味がないという女性の恋愛法則
女性が元カレを未練残さずスパッと断ち切る恋愛法則
男は元カノを振っても未練を残すのが恋愛法則
「友だち」から「恋人」へは昇格はないという恋愛法則
遠距離恋愛における男と女の損得の恋愛法則
遠距離恋愛が難しい恋愛法則
女性の「好き」に2種類が混在している恋愛法則






恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相による結婚相手の選び方
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
素敵な彼の心をつかんでステキな結婚しよう
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう



Copyright (C)2015. 彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則 All rights reserved.